LGBT市場

昨日、ニューハーフとドラッグクィーンに関する日記を書いたが、
ふと、以前に読んだ日経ビジネスの記事にあった
"LGBT市場"という言葉を思い出した。

LGBTとは

Lesbian
Gay
Bisexual(両性愛)
Transgender(性同一性障害)

のことである。

これらの人たちは性的マイノリティーであるが、消費の可処分所得は高く
購買意欲も旺盛であり、米国ではこれらの層の購買力は81兆円と言われている。

確かに、ファッションから時計や鞄など、
感度が高く、センスのいいものを積極的に取り入れているイメージがある。

また、自己投資を惜しまないから
美容やグルメ、ロハス的なものへも金を積極的に投じそうだ。

アメリカはそのあたりがやはり進んでいて
性的マイノリティーに優しいかどうかを格付けした買い物ガイドも
出ているようだ。


日本の製造業ではもっぱらBRICs市場ばかりが注目されている。
LGBT市場に注目して商品開発をしようとしている企業も出ているが、
最大の課題は

"社内でコンセンサスを得られない"

ということである。

確かに、
普通の常識で凝り固まった会社では無理だろう。。。


LGBT市場・・・

日本で本格的にブレイクする日はくるか。
[PR]
by tatsuostyle | 2007-07-22 22:53 | ビジネス