テロと為替

ここ数日間、英国で自動車によるテロ未遂事件や空港への突撃事件が発生した。

もしや・・・と
今日一日の外為市場を見ると、ドル/円も落ちているが
ポンド/円が1円以上と大きく円高に触れている。

オセアニア通貨の豪ドル/円やNZドル/円、
そしてカナダドル/円、スイスフラン/円などは堅調に推移しているので
相対的に見て英国リスクが嫌気されたのだろう。


そういえば五月にロンドンへ行った際、チャイナタウンの付近で
急にパトカーや救急車が怒涛のごとく集まり、現場が封鎖されたことがあった。

交通は急に規制され、一般通行人も道を完全にブロックされ、
あたりにはものものしい雰囲気が漂っていた。

当時は何が起きているのか、よくわからなかったが、今回のニュースを聞くと
今回のような爆発の危険性がある不審車を見つけていたのでは・・・と感じる。

英国は警戒レベルを最高の5へと引き上げた。

状況はまだまだ予断を許さない。
これが急激に進んだポンド/円相場の調整の場となるか。


今月のポンドは要注意だが、危機は投資家にとって機会でもある。


さて、どこでエントリーしようか。
[PR]
by tatsuostyle | 2007-07-02 23:58 | 軽めの話題