中華ビジネスをより面白く、ニッポンをより熱く。家電メーカー営業マンが取り組む香港ビジネス奮闘記です。


by tatsuostyle
カレンダー

<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

如月の香港

春節明けの香港に出張で来た。

今月末で香港市場を担当していよいよ満4年となる。
04年から08年までの4年間で、私が感じた香港の大きな変化を
数回に分けて書いていきたい。


1.香港ドルと人民元の逆転
04年当初、香港ドルと人民元のレートは1対0.92。
香港市民は国境沿いの中国領深センでも、香港ドルをそのまま使うことが出来た。
ところがそれから間もなくレートは1対1となり、ついに1年前からレートは1対1.2と逆転。
今や深センで香港ドルの受付をする小売店はほとんどなく、むしろ香港側が
化粧品店や家電量販店などで人民元での購買を受け入れるようになった。

香港ドルは米ドルとのペッグ制を採用しているため、レートはUS$=HK$7.8 と
ほぼ固定されている。それは、米国の金融政策と歩調を合わせざるを得ないことを意味し、
昨年後半から米国FRBの立て続けの利下げに追随した。

香港は中国本土からの野菜や肉類、電力の輸入に頼っている。
物価の上昇が続くなどインフレ傾向であるため、本来は金利を上げて抑制を
しないといけないのに、米国と歩調を合わせて利下げをするので、ますます
投機マネーが生まれ、不動産などではバブルが生じている。

現在、人民元は米ドルに対して、高くなっていく一方なので
米ドルに引きずられて今後ますます香港ドルは人民元に対して弱くなるだろう。




香港が中国に返還されて11年たつ。
あと39年は現行の1国2制度の体制が維持されるが、
いずれ香港ドルはその歴史的な役割を終え、もっと早い段階で
人民元との通貨統合が起きるのかもしれない。
[PR]
by tatsuostyle | 2008-02-28 23:52 | ビジネス

旅のあとがき

c0049200_0215267.jpg

ベルギー、オランダと各四回ずつ旅レポートを書いてきた。

まだまだネタはあるが、それはいつの日かまたブログにアップするので、
そろそろ旅の総括といきたい。

旅をする前、
ベルギーは、半年前から与党と野党の対立が続き、北部オランダ語圏と
南部フランス語圏の対立が半年以上の政治的空白を生んでいると聞いた。
政治的迷走が続く国は、とかく治安が悪化していたり、急激な景気悪化に
見舞われることが多い。

しかし今回ベルギーを訪れて感じたのは、とても成熟した国であったことだ。
旅人に対するホスピタリティや都市整備など、さすがはEU本部の拠点を
構えているだけあって、円熟した包容力を感じさせるものがある。


一方、ドラッグ、売春なんでもありの自由の国オランダ。
この国は国土の4割が海抜ゼロ地帯であるため、地球温暖化の影響を最も
受けやすく、氷河が融けて海抜が上昇した場合、まっさきに国が沈んで地図から
消え去る危険性がある。首都アムステルダムの運河も、いわば砂上の楼閣の
ようなものである。

EU連合が、世界で率先して温暖化対策のために厳しい環境規制を己にも、
他国にも課していこうとしているのは、オランダの危機感が相当に強いことも
一因なのだろう。

惜しむらくは、今回そういったトピックのディスカッションをローカルとする
機会がなかったことだ。



08年、EU連合はキプロスとマルタ島を加えて15カ国になった。
ブルガリアやルーマニア、ウクライナの加盟交渉などで、EUは今後ますます拡大して
いくだろう。

今回、旅をしておやっと思ったのは、オランダへの入国がパスポートのみで、入国カードが
不要だったこと。ベルギー・オランダ間の鉄道移動はパスポートチェックすらない。
グローバル化は国境を無意味にする、ということを実感する瞬間だ。




EU諸国で使われている通貨のユーロ。1ユーロコインは、
表は加盟国共通だが、裏面は各国それぞれの自由なデザインとなっている。

今、手元に3種類の1ユーロコインがある。
拡大ユーロのスピードに追い付けるよう、ゆくゆくは全加盟国の1ユーロコインを
集めていきたい。



c0049200_022752.jpg


ベルギー・オランダ編完
[PR]
by tatsuostyle | 2008-02-26 23:52 | 軽めの話題

c0049200_22422550.jpg
これまでいろいろな国の船上クルーズにトライして来たが
アムステルダムは街の中まで運河が入りこんでいるので、
ローカルと同じ目線で街の風景が楽しめる。


c0049200_2243149.jpg

また、大きなものから小規模なものまで、市内には博物館がとても多い。
正統派のものから、拷問博物館、SEX博物館なんてものもある。さすが何でも
ありのオープンな国だ。


今回廻った中で、特にゴッホ美術館がよかった。
c0049200_22432645.jpg

ゴッホがオランダやベルギー、パリ時代などに描いた作品が時系列で展示されている他、
彼が友人との間に交換した手紙や下書きのスケッチなど数多く公開されている。

初期の頃は、どの作品も絵のトーンがとてもて暗く、重苦しい。まるで当時の鬱積した
心理状況を反映しているようだ。

ゴッホは浮世絵にもとても興味があったようで、歌川広重の作品を模写した
ものもある。それもただのまねではなく、彼らしい色遣いで表現されていて面白い。


よく知られているように、ゴッホは晩年とても精神的に病んでいて
最後は短銃で自らの命を絶った。画家としての活動はわずか10年。
まさに燃え尽きるように駆け抜けた人生である。彼は現役中ではなく、
死後に後世から評価された画家である。



芸術家肌の人は、自分の感性に沿って勝手気ままに好きな活動をしているように
思われるが、それは正当な評価をされて潤沢な収入があってこそ。

売れない芸術家は、ほとんどが生活費を稼ぐために日銭の活動をすることが多い。

どんなに本人が素晴らしい大作、納得のいくものが完成できたとしても
それが世間で評価されない限り、当人にとっては報われることはない。



今も昔も、
人間とは他者からの評価を求め、自分の重要性を認められたい生き物。
そして狂気に陥ってまでもそれを求め続けるのが芸術家の性。


これからも
報われることのない、時代のあだ花がどこかで狂おしく咲き続けるだろう。
[PR]
by tatsuostyle | 2008-02-25 22:43 | 軽めの話題
アムステルダムは旅人に優しい都市である。

私は出来るだけ街の雰囲気や市場の様相を感じたいため、
旅先で3kmくらいの距離であれば、バスや電車などの交通機関に頼らず、
歩くことにしている。

しかし、道路事情の悪い地域や、突如人の気配が全くなくなる通りに
遭遇することもあり、かなりの疲労や緊張が伴うこともままある。


その点、アムステルダムは、自転車の利用が盛んであり、旅人も
気軽に利用できるレンタル自転車が充実していて助かる。

1日のレンタル代は補償を含め12ユーロ。

私が借りたのは、手元にブレーキがなく、ペダルを逆回転させて
減速させるタイプのもの。ややクセがあるが慣れればなんという
ことはない。


運河横の路地裏や、広場、港湾沿いやトラムとの併走まで。
自転車は驚くほどの行動範囲と視野を広げてくれる。
天気のよい昼下がりの運河沿いには、日向ぼっこしている猫や
ドラッグを決めて恍惚の表情を浮かべている若者もいる。
これぞ生の市井の生活のワンシーンだ。

道路には幅約2m弱の自転車専用レーンが設けられており、
後から煽ってくる車や強烈な幅寄せを仕掛けてくる車などないため
安心して運転することができる。

途中、軽食を購入し公園の芝生で自転車を乗り捨て
芝生の上で大の字に横たわる。空気が澄んでおり、遥か彼方の
上空には幾多もの飛行機雲が交差しているのが見える。

欧州の冬はとても厳しいものと思っていたが、予想に反し
日中は暖かく、むしろ出発前の日本の方が寒いくらいだった。

c0049200_22583229.jpg



遺跡や博物館巡り、あるいは美食三昧の旅もいい。
しかし、自転車に乗って街中を1日かけて駆け抜ける醍醐味は・・・
全く新しい旅の楽しみ方を感じさせるものがあった。


かつての海洋大国オランダ。
自転車の利用やマナーでも世界に冠たる大国である。
[PR]
by tatsuostyle | 2008-02-24 00:24 | 軽めの話題
c0049200_063568.jpg


川辺に写る妖しい光。
けばけばしいネオンと、目つきの悪い連中が目立つストリート。
ここはアムステルダム名物の風俗街、飾り窓地区。

持参したガイドブックには、麻薬常習者や強盗が多いため
夜に一人では近付かないように、との注意があった。

しかしグローバルに現場・現物主義の実践を信念とする男として、
ここはリスクテイクをした上で、世界の真実をこの眼で確かめねばなるまい。

このあたりの界隈にはCoffee shopの看板を出す店がとても多い。
むろん、スタバやタリーズコーヒーの類ではない。
ドラッグをキメる店のことで、窓がやや黒いスモークガラスで覆われているのが
特徴だ。ドア横で上の空で立っている男がいる。彼はすでにトリップしているのだろうか。


川辺沿いに大きな窓ガラスの、3階建ての住宅が並ぶ。
窓際に、下着やネグリジェ姿の女性が身をくねらせながら、
通行人を挑発している。それを飢えた男どもが観察し、通りを練り歩いていく。


どれ、私もひとつ品定めをしてやろう。
私は表通りの一軒一軒の窓で、現場検証を粛々と進めていく。

く・こいつは!

軒先に立っている彼女たちは、ピンからキリまで、文字通り玉石混合で
レベルの格差がとても激しい。中には激メタボやオバハンまでいる。

うっ またとんでもないのと 眼が合ってしまった!


交渉のスタイルはこうだ。
気に入った女性がいたら、男は軒先のドアをノックし、その女性と
玄関で価格交渉を行う。値引きをしかける男と、譲らない女。
これら一部始終は、通行人からまる見えであり、通り過ぎる男たちは卑猥な表情と
ともに交渉を観察する。

踊る阿呆に見る阿呆。
ふとそんな言葉が頭によぎった。

商談が成立すると、男は女の手に引かれて、ドアの奥へ吸い込まれていく。

交渉はガチンコであり、中には決裂してドアを閉められきびすを返して
通りに戻る男の姿も。懲りずに次の獲物をすかざず定め、ドアをノックする男。
なるほど、性欲は羞恥心すら打ち克つようだ。


真冬だが、今夜もホットな夜があの宿、この宿で繰り広げられているだろう。



ドラッグ合法、そして売春もオープンのアムステルダム。
この街、気に入った!
[PR]
by tatsuostyle | 2008-02-21 23:58 | 軽めの話題

オランダ上陸

ブリュッセルから鉄道で約3時間。
当初の列車が40分遅れるなど、紆余曲折がありながらも
オランダ・アムステルダムに無事到着した。


旅で一番興奮する瞬間は、未知の国の駅や空港へ
第一歩を踏み入れる瞬間である。

アムステルダム中央駅は、国際都市の名のとおり、
駅には各国から乗り継いで来た乗客でごったかえしており、
ベルギーと全く異る人の賑わいで旅人を興奮させるものがある。

アムステルダムはオランダの首都であるが人口は70万人。
都市自体、決してとびぬけて大きいわけではなく、むしろ
コンパクトで小さい。

地図から判別すると、私が宿泊するホテルは駅から約1km。
このくらいの距離なら歩いていける。
私は途中、かなり迷いながらも、無事にホテルへ到着することができた。

今回宿泊した宿もネットで予約したものだが、概況は全て英語で
紹介されており、"Gay Friendly Hotel"がウリだ。

まさか夜中に、男色家がドアをノックして訪ねてくるわけではあるまい、
と思いながらもチェックインする際はかなり
手に汗握るものがあった。

案内された部屋は便所に壁がなく、シャワーもむき出しの
留置所のような部屋。

くっ
さすがにこれは想定外だぜ・・


オランダは街を囲む運河がとても美しい。
夕暮れ時、運河で遠くへ吸い込まれていくボートを見ていると、
思わず時よ止まれ、とつぶやきたくなる。

c0049200_091210.jpg


アムステルダムと言えば
飾り窓地区の風俗街が有名だ。

そして読者の期待にこたえるべく、私は夜の街へ繰り出した。
そこで見たものは・・・


つづく
[PR]
by tatsuostyle | 2008-02-20 23:59 | ビジネス
ベルギーの鉄道を利用して感じたこと。
それは、運行時間のアバウトさである。

当然のように定時に来ない電車。
むろんホームで待つ乗客に遅延のアナウンスがなされるわけでもなく、電光掲示板も遅れを示す表示があるわけではない。
また、それに目くじらをたてて吠える乗客もいない。

改めて日本の、分刻みで運行される電車ダイヤルの緻密さ、
凄さに気付く。あれほど細かく、乗り換えを含めて膨大な
線路が、人身事故等がない限りはほぼ正確に運営されること。
これは日本が誇るタイムマネジメントのシステムである。


そんな時間にとても厳格で、誤差すら許さない日本が
なぜ労働生産性ではOECD加盟国で下位なのか、
なぜ常に欧米と比較して効率が悪いと言われるのか。

先ほどベルギーの運行時間のアバウトさに触れたが
ベルギーは生産性については上位TOP5の国である。


企業にはこびる悪しきガンバリズム、無意味な
長時間労働に対する評価が撤廃されれば、
かように時間をきっちりと使う日本は、本来驚くべき労働生産性を確立できるはずだ。




世界一といってもいい、日本の交通機関の時間に対する正確な運行。
国際比較した際の、途上国さながらの労働生産性の低さ。

この解の方向性は何か。


仕事をし続けている限り、追求していきたいテーマである。
[PR]
by tatsuostyle | 2008-02-19 23:52 | 軽めの話題
ブリュッセルから電車に乗って1時間。
中世の13世紀、ドイツを中心とするハンザ同盟で、
四大外地ハンザとして、重要な交易拠点でもあった
ブルージュに辿り着いた。

c0049200_234205.jpg


この都市は、私がこれまで行った欧州のどこの国の都市よりも
中世の雰囲気、町並みを残しているように感じる。
通りにある建物が3階建で統一され、各々ギルド屋根の修飾が
施され、路地は狭くすべて石畳み。狭い往来を馬車が行き交う。


都市の中に運河が入り組んでおり、
観光客は1周1時間のクルージングを楽しむことができる。

川沿いの建築物は全部がそうではないだろうが、
相当の年月を刻んできたと思われ、かつての繁栄をしのばせる。

c0049200_23434124.jpg


クルージングを終え、町で一番高い鐘楼へ登った。
かつての時の権力者や聖職者たちはこの最も高い場所から
町を見下ろし、永遠の富を確信していただろうか。

c0049200_23441798.jpg




かつての一大金融、貿易拠点であったブルージュ。
15世紀以降、運河に土砂が堆積するようになり、
繰り返し大型船舶の運航に支障がきたされ、都市の利便性が
損なわれることで、重要性を失い、やがて衰退していったという。
そのまま時代から取り残されることで結果的に、当時の中世の面影を
残した町並みを現代に住む我々は享受できるようになった。


永遠に栄え続ける国は存在しない。
老兵は死なず、ただ消え去るのみ。

世の無常の原理原則がここにもある。


世界遺産として定められた美しい街並みを持つブルージュ。
人口は12万人、町自体が一つのテーマパークのようで、
中世の雰囲気はチェコのそれよりも濃く、歴史を感じたい人に
特にお勧めである。
[PR]
by tatsuostyle | 2008-02-17 23:42 | 軽めの話題

ベルギー上陸2

24時間ほぼ寝ていない状態でホテルへチェックインを
すませた後、就寝に入る。


体は疲れているにも関わらず、夜中の3時に眼がさめ、
4時、5時にもそれぞれ体が反応して起きる。
時差が大きい地域へ移動した際、体が現地時間に馴染むまで
いつもこうだ。


結局6時に起き、ホテルの朝食を取りに行った。

今まで行った国では、朝食といってもコンチネンタル形式で
パンとコーヒーだけの、きわめて貧しいスタイルであったが、
(私はホテルがセコイだけだと思っている)
今回宿泊したブリュッセルはパンの種類はたくさん、ハムも豊富、
牛乳、オレンジ、卵となんでもござれでかなり嬉しい。
なぜか焼きそばまであった。


野獣のように食したのは言うまでもない。


緯度が北海道より上にあるベルギー。朝8時に外へ飛び出したが
まだ空は暗い。そして人通りがとても少ない。


目指す目的地は世界で最も美しい広場の一つと言われる
グランプラス。

地図で見ると北駅から簡単に行けそうだが、
ブリュッセルは細い路地がとても多く、
かつ曲がりくねった道が多いため相当に道草を食い
結局1時間近くかかってようやく現場に到着した。


c0049200_0442981.jpg





この近くにはイロサクリ地区と呼ばれる有名なレストラン街がある。
路地裏に密集しており、欧州の食い倒れ横丁といったところか。

シーフードが多くムール貝が有名だ。
夕食時に入って頼むと、どかんとボウル一杯のムール貝が出てきた。
生大ビールをつけて23ユーロほど。悪くない値段だ。

c0049200_045711.jpg


ビール王国ベルギーの名に恥じず、とにかくビールの種類が豊富であり、
チェリー味や柑橘味のものもある。


食事後の夜、ホテルへの帰りに信号待ちをしていたところ、
ハイファイブを求めてくる若造がいた。手を合わせたところ
突然奴は私に抱きつき、柔道の内股を仕掛けてきた。

!

が、コンバットで鍛えたことも功を奏したのか、
うまい具合に技をすかすことができた。

その男を突き放し私は走ってホテルへ戻った。
一体奴は。
酔っ払いの類だろうか。


欧州の夜はクローズ時間が早く
通りはすぐに人の気配がなくなる。全く要注意だ。


さっそく波乱が起きたがだんだんこれまでの旅の学習効果が
出てきたようだ。 旅人をなめるなよ。


翌日はブリュージュ入りだ。


つづく
[PR]
by tatsuostyle | 2008-02-16 00:51 | 軽めの話題

ベルギー上陸

客先が旧正月休暇ということもあり、私も有休を利用し
毎年恒例の世界の今を眺める旅へ出た。

今回の旅先はオランダ・ベルギーの2カ国。

成田から12時間のフライトで、普段の香港出張の4倍の移動時間ということもあって
機内の映画を見まくった。

エリザベス、フィクサー、ラッシュアワー3、ショーシャンクの空、そして
燃えよドラゴンにガンダムⅡ哀・戦士編。赤い彗星もいいが、
やはりドムの高速ホバーリング移動はいつ見ても最高だな。。


夕刻にアムステルダムに到着後、バスでそのままベルギー、ブリュッセルへ入る。
初めての土地へ行った際、一番緊張するのが空港到着後のホテル移動だ。

特に私は昨年、ベトナム・ハノイで恐怖の追い剥ぎタクシーに乗車したこともあり、
今回はことさら警戒する。


バスの乗客は私を入れて3名。
途中で2名がアントワープで下車し、遂に私と運転手の2人きりに。

欧州の夜の街はゴーストタウンのようで、表通りに歩いている人はほとんどいない。
窓の外はどこまでも殺風景であり、車内には沈黙が支配する。

くっ
こいつ!
本当に目的地へ向かっているんだろうな・・・!?

既に飛行機を入れて15時間にもわたる移動時間。
日本の出発からまる1日徹夜状態で寝ていないことになるが、
ここで警戒を解くわけにはいかない!


そうこうするうちに3時間。
バスは目的地に止まり、懸念されたハプニングもなく無事に到着した。
ほっ


ネットで予約したホテルはブリュッセル北駅前というロケーション。
チェックイン時のスタッフたちを見るとどうやら華僑が経営するホテルのようだ。
ビールやチョコが有名なベルギー。そしてEU本部の拠点であるブリュッセル。


そこで私が見た世界とは。


これから数回にわたって旅のあとがきをつづっていきたい。
[PR]
by tatsuostyle | 2008-02-13 23:23 | 軽めの話題