中華ビジネスをより面白く、ニッポンをより熱く。家電メーカー営業マンが取り組む香港ビジネス奮闘記です。


by tatsuostyle
カレンダー

<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新しい血

私自身が香港と商売してから丸二年が経過し、4月より三年目に突入した。

この間、香港経済の回復基調に加え、大幅な中国本土観光客の増加により
景気は好転し、不動産価格も軒並み上昇してきている。

社会経済が廻りだすと、当然雇用環境も変化するわけで、
人件費アップや、新たな、条件の良い職場を求めての人材の流動も加速する。

ご多聞に漏れず、私と仕事でやりとりのある香港人がこの度転職することと
なった。現在の会社での滞在期間は丸二年。つまり、私が香港を担当して
からの担当者である。

少し前であれば、転職で担当者変更に伴う引継ぎ、これまでの進捗を含めた
フォローアップ、費用面での折衝を含め、かなり手間のかかる骨な作業で
実にうっとおしく思っていた。

しかし、かくも人の出入りが激しい社会と接するのであれば
いちいち目くじらを立てるのでなく、それを受け入れ、いかに効率的に
スムーズに後任に渡して立ち上げるかを意識することにした。
相手の転職で、振り回されることはまだ自分のレベルが低いということだ。


考えてみれば、彼らも
自身の人生をより好転させるために、行動を起こしている。
祝福して快く送り出すのが、短期間とはいえ、仕事で関わった私からの
あるべき姿勢だろう。

小沢一郎も言っている。
変わらずに生き続けたければ、自らを変えろと。


日本にいると
多様性が少ない社会のせいか、ちょいとばかりイレギュラーなことに習慣や
ペースを乱されたり、それを受け入れる寛容な心を育むことが容易ではない。

違う、ということを
自然に受け入れ、協業していく素直さを忘れずに持ち続けたい。
[PR]
by tatsuostyle | 2006-04-16 12:33 | ビジネス

新卒採用

新年度が始まり、
怒涛の日々が続いて更新をすっかり怠ってしまった。

今年は新卒採用の面談官を務めているため、各地を廻って選考し、
目をむく忙しさである。

今年は金融系、特に銀行がバブル期並みに採用を大幅増強しており、
1500名だとか2000名だとか、会社がひとつまるごとできる位に人を採りに
かかっている。銀行のリクルーターはノルマがあるとよく聞くので、内定出た
学生には激しくプレッシャーをかけて逃がさないようにするという。
しかし、そんな前近代的なやり方では、学生に見限られるだろう。

前にも書いたが
ここ数年、女子学生の方が明らかに質が高くなってきて
下手すると会場によって優秀で、選考をパスできる7割~8割の学生が女子となる。

元来、日本企業は文系採用では
男女比を明らかに区分していた。今でも男女比を7:3、場合によって
9:1くらいに意図的にしている企業がある。

しかし、明らかに世の中のトレンドは変わってきている。
07年から団塊の世代が退場する中、人口減も昨年から始り
もはや、次代の人材を採用するのに、性別などということは何の制限にも
ならないはずだ。

すでに内定をとっている学生もちらほらといる。
ゴールデンウィーク前には第一陣の内定が各社、出揃うであろう。

ぜひとも、ふんばって内定を沢山とって頂きたいものである。
[PR]
by tatsuostyle | 2006-04-15 12:34 | ビジネス