中華ビジネスをより面白く、ニッポンをより熱く。家電メーカー営業マンが取り組む香港ビジネス奮闘記です。


by tatsuostyle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

北京よ2

北京に行って何点か気になることがあった。

痰を吐く人がやたらと多いのだ。北京五輪に向けて数週間前に政府より
痰吐き禁止令が出て、違反者に強制掃除の罰が与えられるのだが、
なるほど、と感心するほど
四方八方で痰を吐く人が目に付く。特に下町っぽいところに行くと顕著である。
「かっ! か~ ペェェェッ!!」
後ろから聞こえると、よもやウィルスや液が飛んでこないかと、まさに恐怖である。


理由はわからなくもない。
北京は空気があまりよくない。全体的にいつもスモッグかかっている。これは
上海もそうなのだが、最近中国は一段とひどくなったような気がする。晴れているのに、
青空ではない、独特のもやがかったような空。環境汚染が進んでいるのだろう。

滞在中、自身も幾度なく口の中が砂でじゃりじゃりした。気管支が弱い人は
さぞ痰もたまるものよ。

日本の環境対策系メーカーの中国開拓ポテンシャルはまだ充分にある。
[PR]
by tatsuostyle | 2006-03-28 00:50 | 軽めの話題

北京よ

先日初めて北京へ行った。

これまで中国では上海・杭州・広州へ行ったことがあるが
首都は初めてである。行く前まではあまり見所のない、堅苦しい都市だと思って
いた。

その予想はいい意味で大きくはずれることとなった。

上海も大きかったが、北京は輪をかけて市全体が大きい。
車線も広いし、ビルも横幅が大きくてものすごく重厚感があるのだ。
そしていわゆる目抜き通りと言われている所は総じてきれいでゴミもほとんど
落ちていない。そして巻き舌の北京語。

公園や木が多く、渋滞していない通りを車で通ると悠久の時を感じさせるものが
そこにはあった。

私は踊るのが好きなので、北京のクラブディスコへも行ったが、ハコが大きくて
雰囲気もよくて、香港よりも遥かにいいのだ!足つぼ+全身マッサージで
2時間100元というところも発掘できたが、ありえないほどのコストパフォーマンス
である。

そして、以前週刊東洋経済にも掲載されていたが、
08年に向け、オフィスビル街は大きな地殻変動が起きており、上海に劣らない
超大規模な高層ビル街が開発されている。

地平線のかなたまで続くと思われる大通りで乱立する巨大クレーン、
建築現場。新しい息吹が、北京五輪に向けて着々と息づいている。

また
天安門広場、万里の長城も、現場に行くと万感迫るものがあった。

百聞は一見にしかず。


日本に戻ったが、今日も北京は新しいカタチやモノが産声をあげて
いることだろう。

また会おうぞ
[PR]
by tatsuostyle | 2006-03-25 11:17 | 軽めの話題

就職活動の始動2

今年就職活動をしている学生と数多く接したのだが(100人以上)
今年は例年に比べて学生の気質が大きく変わってきている。

全体的にスタートが遅くて、全然自己分析ができていないのだ。
また、俺が、私が、的な
向上心むき出しのアグレッシブ人間も全体的に減ってきている。
2年ほど前は、語学ができなくても、海外をやりたい、と熱く語る学生が
いたのに、今では海外なんていいですから、私ができそうな国内営業がいいなどと
ぬかす。

あぁ
これがニート世代というやつか?!
受身的な若者が確かに世の中増えてきている。。。

企業業績が回復して銀行などは大幅に採用を増やし、2000人規模までに
拡大しているが、この図式はなにかバブル期の採用に通ずるものを感じる。


なにはともあれ、光るホンモノを探していきたい
[PR]
by tatsuostyle | 2006-03-17 00:21 | ビジネス