中華ビジネスをより面白く、ニッポンをより熱く。家電メーカー営業マンが取り組む香港ビジネス奮闘記です。


by tatsuostyle
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

i-podの可能性

i-podは中国でも発売されているはずだが
肝心のポッドキャスティングの方ではほとんどコンテンツがない。
そう、北京語のコンテンツが圧倒的に少ないのだ。あっても台湾人が
作成しているものが一つか二つあるくらいである。(10月16日現在で)

まさか、こんなところで中国当局が言論統制をしているとは思えないのだが
あながちありえないとも限らない。

そういうわけで、i-tunesでChineseと検索しても、ほとんどのコンテンツは
広東語である。香港から発信されているものが6~7割くらいだろうか。

これまでラジオ番組系のものが多かったが
先月くらいからようやくニュース番組もダウンロードできるようになった。
コンテンツ名は下記の通りである。

香港電台︰報章摘要

ほぼ毎日ダウンロードできるのがうれしい。

中国、そして台湾にもダウンロードできるニュース番組が一つあるとよいのだが。

同じ香港電台からは、日本に旅行した時に役立つ日本語会話学習番組の
「日語自遊行」なんてのもある。

中国在住の方、どなたかポッドキャスティングで中国現地情報の
コンテンツを作って、ブログと連動させたら更に人気コンテンツとなると
思うのですが。いかがでしょう。
[PR]
by tatsuostyle | 2005-10-16 22:56 | 軽めの話題

変化の兆し

先日、小学生時代からの友人と10年ぶりに会った。

最後に会ったのは高校生の頃だ。
小学生の頃、彼は転校生であった私を半年ほどいじめていたが、
なぜか半年後くらいから普通に遊ぶ仲になった。

中学生の頃、高校受験を控え私達はよくテスト結果を競い合った。
高校生になり、それぞれ異なる学校に進学し、離れ離れになったが、
彼は少し荒れて、喧嘩ばかりしているような輩になった。
その後、浪人を経て大学に進学したそうだが、社会人になって営業マンを
やっている、という話を聞いたのが3年前。電話口で話していて、かなり
荒い言葉遣いで話すなぁ、と思っていたものだ。

再会した彼は・・・

自分の会社を持っていた。部下も10人従えて。

2年前、思いきってある事業を買って、自分が経営者としてやっているとのことだ。
休みはほとんどなく、日夜生き残るための方策を真剣に考えねばならない、
シビアな世界の住人となったわけだ。

彼は驚くほど博学、というか、多くの知識を持っていて、相当の読書をしてきた
ことが会話で伺えた。

私達は10年のギャップを軽く埋める程、熱いディスカッションを交わした。
時間はあっという間に過ぎ、新宿駅の別れ際に、彼がぼそっと私に言った。


「お前、焦りすぎだぜ。」


そう、私はここ数ヶ月、自身のキャリアと将来について悩んでいていた。
このまま続けて、見える道は何なのか。

やりたいことをやっているのか。

本当にやりたいことをやっているのか。

むさぼるように本を沢山読んだ。
しかし、答えはどこにもない。

いや、正確に言うと、それは自分の内なる中に既にあるのだろう。
ただ、それを具現化するプロセスがまだ、見付からないのだ。

だから焦っているのだ。
事業をする者として、彼はそれを見抜いたのだろう。

種を、
自分の種を

中華圏とビジネスしている今、
見えていないものを早く 形にしていきたい。
[PR]
by tatsuostyle | 2005-10-16 01:10 | ビジネス

香港バタフライ

先週、高校や大学の同窓会を行ったが
意外なことに、誰も香港に旅行へ行った事がないとのことだった。

口頭で香港の良さを伝えるのはあまりに紋切り型的なものが多いので、
最近チェックしているウェブシネマを紹介したい。

その名は
香港バタフライで
片瀬那奈主演の、1話約13分程のドラマで全4中、
現在第2話までアップされている。

むろん、ドラマを見るのは無料で、アクセスして3秒で終わるアンケートに
答えたらすぐに見れる。

第二話からActual香港突入です。

アドレス
  ↓
www.kwebcinema.jp

ストーリーは人生で全く運のない女の子が初めて香港へ旅行する、
という内容のものだ。

結構楽しめます。
[PR]
by tatsuostyle | 2005-10-13 00:34 | 軽めの話題