中華ビジネスをより面白く、ニッポンをより熱く。家電メーカー営業マンが取り組む香港ビジネス奮闘記です。


by tatsuostyle
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

答えの続き

香港出張の最終日、代理店トップの2名に最後の挨拶に行った。
懸念された苦言や説教はなく、無事終わった。


今から2年前、私に香港へ半年間の研修に出す、という話があった。
内容は現在の客先代理店に席を置き、現地スタッフらと売上増に
取り組むことだ。

私はやる気まんまんで準備を行い、すでに人事に半年間のスケジュールや
目的、自分が取り組みたい課題を提出し、あとは先方トップの
OKサインを待つのみ、であった。

しかし。
うち一人はOKであったが、もう一人の、創業者の方は却下し
私の研修はあえなく没となった。


当然、私は激しく落胆したのはいうまでもない。
却下された真相は諸説あるが、結局藪の中。
私の何かが、気に障ったのだろう。


歴史にたれ・ればは禁物であるが
当時、私が研修に行っていたら。
おそらく香港市場の担当期間はもっと長くなったはず。

逆説的であるが、研修に行かなかったから、今回北京に赴任する機会が
廻って来たのかもしれない。


今、このタイミングで判断するにはまだ早いが。

私が北京で、自分が目指す次の目標に辿り着いた時。
その時、初めて私が香港市場を担当した意義がわかってくるのかもしれない。

それは1年後か3年後か、あるいはもっと先か。


そして、私はその時、
今日書いたブログを振り返り、
すべてが一つの線上につながっていたことを知るだろう。
[PR]
by tatsuostyle | 2008-04-27 23:57 | ビジネス