中華ビジネスをより面白く、ニッポンをより熱く。家電メーカー営業マンが取り組む香港ビジネス奮闘記です。


by tatsuostyle
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バッシングのウラ

出張する際に欠かせないのが、現地での情報収集。
特に今年に入ってからは、香港でも毎月のように中国がらみの報道が尽きない。

滞在中、香港のメディアでもCNNのキャスターが中国人を
"ならず者ども"と侮辱した件にに関し、中国政府要人のみならず
在米華僑の弁護士団らが、訴訟の動きを起こしていることが
報道され、五輪問題はさながら国の威信をかけた場外乱闘の模様を呈している。

CNNは今や、

Chinese
Negative
News(or Network)

と揶揄され、遠く離れたここ香港ですらも財界、政界から不快感が示されている。
チベット人権問題で激しく世界からバッシングされているが、言うべきことは
きっちりと言い返す。そういうことだろうか。



仮に日本が世界からいわれなきバッシングを受け、
特にアメリカのメディアから、屈辱的な差別用語をメディアを通じて発信されたとき、
日本の外務省は、在米の日系人は、日本の世論はアメリカに対して毅然と抗議が
できるか?とても興味深く思った。


報道が一方向に振れやすい今だからこそ、
その裏にある駆け引き、そして真実をしかと掴んででおきたいところだ。


米大統領予備選すらも喰ってしまう中国報道。

まだ。
まだまだネタは8月8日まで尽きないはずである。
[PR]
by tatsuostyle | 2008-04-24 23:47 | ビジネス